22歳大学生!脚の太さにコンプレックスを抱く女のダイエット!

ダイエットする20代

もともと自分の体形は嫌いでした。背が小さくずんぐりしているんです。なにより脚の太さに悩んでいて、こればっかりは本当に嫌で嫌で仕方がありませんでした。

そんなコンプレックスを強く意識したのは就職活動の面接時です。就職活動ですからやはり服装はリクルートスーツなんですね。私はスカートタイプの物を買ってしまったがために、面接官には常に膝から下を露出していることになります。とある会社の面接を受けた際、私と同じくリクルートスーツに身を包む子が横にずらっと並んでいたことがあったんですが、どうしても他人の脚と自分のとを比べて落ち込むんです。もしかしたら面接官の人も私の脚を見て笑ってるんじゃないか、そんな妄想まで膨らませてしまいました。

体型は性格も変える

体型に悩むとどんどん卑屈になって性格も暗くなります。これじゃいけない、そう思ってダイエットをしようと決意しました。

胴回りの贅肉を落としたいというのもあったのですが、やはり最たる目的は脚を細くしたい。これに尽きます。でもそれだと走ったり歩いたりなどの運動はできません。逆に筋肉が付いて益々太くみっともない脚になってしまうと考えたからです。

そこで私は食事制限に着手しました。実践したのはスープダイエット。スープはいろんなバリエーションを楽しめる反面、胃を膨らませてくれるのでたった一杯でも満足感が得られるんです。

さすがに三食すべてスープはキツいので、カロリーが消費されにくい夕飯をスープにしました。

スープのメリット

利点としては野菜がふんだんに取れる点。セロリやモロヘイヤなど、生ではちょっと、というクセの強い野菜もスープだと美味しくいただけます。

欠点は、腹持ちしないという点です。一時的に満腹感は得られてもすぐにお腹が空いてしまいます。これは耐え難かったですが、慣れると次第に平気になります。最初の一週間が山なので、そこを乗り切れればって感じです。

そしてもう一個いい点があって、夜更かししなくなったということです。夜更かししてるとお腹が空くので夕飯のあとは早く寝てしまいます。おかげで規則正しい生活を送れるようになりました。コンプレックスだった脚の太さも、毎晩寝る前にむくみ解消のマッサージをして、ちょっとづつ効果が得られているような気がしてます。まあ、なんでもすぐには効果は得られないので、この調子で理想の体型を得られるまで続けていけたらなと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です